新着記事
  (11/24) ネームプレート
  (11/22) ケータイマグケース
  (11/16) リベンジ、おしらじの滝
  (11/08) ダッチオーブンも
  (11/04) おしらじの滝
  (11/01) ミニチュア靴
  (10/30) 鹿角キーホルダーver.4
  (10/28) BonMarche in ろまんちっく村
  (10/28) 鹿角キーホルダー各種
  (10/27) パンを焼きました
2008年11月23日
薪ストーブ用の薪作りが実益兼趣味兼体力づくりとなっている今日この頃です。しかし割れません(ToT) 本当に太い木や樫などのかたい木は割れないのです。

そこで下記の斧はどうかなぁと考えているのです。


これはマジックアックスという斧です。5.5kgという自重で丸太を薪へと変えるマジックをなす斧なのです。

この重さゆえ買うかどうか迷っているところです。
posted by 髭爺 at 21:27 | Comment(5) | 買い物>欲しいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
髭爺さん、こんにちわ

薪割りですか、かなりの力仕事のみたいですね。

私の父親は餅菓子屋をやっていて、餅米や餡を作るのに木を燃やしていたのですが、その木を鉈で割っていたのを思い出しました。
Posted by matsumo at 2008年11月29日 18:28
matsumoさん
コメントありがとうございます。
鉈で割っていたのですか。細かく割っていたんでしょうか。薪で作る餅や餡、美味しそうだなぁ。
Posted by 髭爺 at 2008年11月30日 18:12
髭爺さん、こんにちわ

家から200m位の所に、多分、大工さんに依頼されていたのだとおもうのですが、柱や板を決められた寸法に切る製材所があり、そこから、切りくずを1日100円位で入手し、それを鉈で割って、燃料にしていました。それを使って、石のカマドで燃して、縦横各50cm位のセイロで餅米を蒸して、餅つき機で餅として、大福等を作っていました。餡も、小豆を煮て、それを砕いて絞った後、砂糖と共に混ぜて製造していました。

柏餅等も作っていましたが、できたてはとてもおいしかったです。
Posted by matsumo at 2008年12月01日 19:43
こんばんは、matsumoさん。
そうですか、100円払って入手していたのですか。
今なら処分費を考えれば、タダで持って行ってもよさそうですね。おぉ、そうか。それなら枝打ちするような会社に声をかけておけば連絡くれるかなぁ。
話がそれましたが、できたての柏餅、美味しそうですね。私は粒あんが好きです。
Posted by 髭爺 at 2008年12月01日 21:51
Posted by 髭爺 at 2012年09月02日 16:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。