新着記事
  (11/24) ネームプレート
  (11/22) ケータイマグケース
  (11/16) リベンジ、おしらじの滝
  (11/08) ダッチオーブンも
  (11/04) おしらじの滝
  (11/01) ミニチュア靴
  (10/30) 鹿角キーホルダーver.4
  (10/28) BonMarche in ろまんちっく村
  (10/28) 鹿角キーホルダー各種
  (10/27) パンを焼きました
2012年05月19日
土窯(アースオーブン)は2〜3層の粘土から作るそうです。
1層目には粘土と砂を配合するとのこと。
配合する割合は粘土の質により異なるので、また試験です!

 
用意したのは
 1.粘土
 2.砂(川で取ってきました)
 3.肥料袋(土と砂をこねるのに)
 4.カップ(計量用に)
 5.型枠

120519012.jpg

型枠はペットボトルを輪切りにして高さ3cmとなるように作りました。

配合は下記により行いました。

 試料1 粘土1:砂2(粘土率33%)
 試料2 粘土2:砂3(粘土率40%)
 試料3 粘土1:砂1(粘土率50%)
 試料4 粘土3:砂2(粘土率60%)
 試料5 粘土2:砂1(粘土率67%)

粘土と砂をカップで量ります。
それを上記の割合で配合し、こねます。

120519015.jpg

120519014.jpg

120519017.jpg

そして型枠に詰め、

120519019.jpg

板の上に出します。

120519020.jpg

試料は配合が分かるように上面につまようじで印をつけました。

120519021.jpg

これを焚火に投入。

120519023.jpg

冷めてから、縮小具合と落下試験をしたいと思います。
posted by 髭爺 at 17:41 | Comment(0) | クラフト>つちかま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。