新着記事
  (11/24) ネームプレート
  (11/22) ケータイマグケース
  (11/16) リベンジ、おしらじの滝
  (11/08) ダッチオーブンも
  (11/04) おしらじの滝
  (11/01) ミニチュア靴
  (10/30) 鹿角キーホルダーver.4
  (10/28) BonMarche in ろまんちっく村
  (10/28) 鹿角キーホルダー各種
  (10/27) パンを焼きました
2012年10月17日
鹿の角をいただきました。
これを加工してキーホルダーにします。

まずドライバードリルで穴開け。
DSCN9327.jpg

 
角は表面が固く、中心部は比較的やわらかです。
中心部を例えるならカルメ焼きの様な感じです。

そんなこともあり、上の写真のように穴を開ける場合、出だしが固く、その後はスムーズに、最後は固くとなります。
力の入れ加減を誤った結果がこれです。

DSCN9328.jpg
穴のヘリが欠けてしまいましたorz

ここは削ってしまうこととして、気を取り直して再開。

金切鋸刃で切断します。
DSCN9330.jpg
節とかは当然ないため、癖のある広葉樹と比べても楽かもしれません。
堅いので、進みは遅いですが...。
何か所も切るのであれば、電動工具を考える必要があります。

ここからディスクグラインダーでカドを丸めます。
この写真は撮りはぐりました。

完成した写真がこちら。

DSCN9332.jpg
穴周辺の欠けも削って証拠隠滅です。
穴の周囲も削ることができれば、丸カンとあたる部分の欠けの心配がなくなるので、マイクログラインダーが欲しいところです。
タグ:鹿角
posted by 髭爺 at 22:17 | Comment(0) | クラフト>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。